派遣社員の時給アップのために | 派遣社員の時給と権利について





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員が時給アップするためのたった一つの方法

 派遣社員の方で、前回ご紹介したメールで情報を集めるということを実践された人はいらっしゃいますか?

おそらくほとんどいらっしゃらないと思います。

やはり時給アップさせる派遣社員の方は、このようなことをすぐにやってしまう人たちです。

派遣社員の時給なんてアップしないとあきらめている人は、けっして自ら行動しようとしないのです。

その理由は単純です。

面倒くさいという一つです。

行動することにリスクを伴うことなら、行動は当然ですが慎重に行わなければなりません。

しかし、リスクが全くないものであれば、積極的に行動するのがよいはずです。

しかもほとんど時間もかからずにできることであればなおさらです。

今回、時給アップをしたいが行動しなかったという派遣社員の方は、その行動力のなさが時給アップできない理由なのです。

そして、その行動しないかぎり時給アップはできません。

派遣社員の場合は、自己申告がなければ決して時給アップはしません。

自己申告にはやはり、少しの勇気というものも必要です。

特に初めて時給アップを要求しようとする派遣社員の場合は。

そのときに、ぱっと行動できるかどうかが時給アップできるかどうかが変わるのです。

時給アップのしやすいとき、しにくいときというのはご説明しました。

その時期というものは、それほど長いものではありません。

ここぞというときに、行動できる派遣社員かどうかで時給アップできるかどうかが決定します。

リスクもなく、勇気も必要ないことを行動できない人が、勇気が必要なときに行動など絶対にできません。

時給アップをしたい人は、普段から思い立ったことはすぐに行動するようにしてください。

この一つのことで、時給アップへの道は始まるのです。

| 派遣社員が時給アップするためのたった一つの方法 | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員が年収2倍にアップさせる方法とは

派遣社員が年収を2倍にする方法というのはなかなか過激なタイトルだと思う人もいらっしゃるかもしれません。

時給を2倍にしようとしても、すぐにはなかなか難しいですね。

地道にコツコツとスキルアップをしていく中で、数年後には2倍になるかもしれません。

ただ、派遣社員の方は一刻も早く年収をアップさせたいという人のほうが多いはずです。

時給アップなんてぬるいことは言っていたくない。

手っ取り早く稼ぎたいという声のほうが多いです。

正直申し上げまして、このような都合のよい話はありません。

地道にスキルアップをしていくのが正道なのです。

しかしながら、なかなかユニークな方法で年収アップを達成した人がいます。

その派遣社員の方の話ならば、お話できます。

その派遣社員の方は、今ご覧いただいているブログのURLを、知人の派遣社員、正社員かまわずにメールで送ったのです。

そのメールにはこのブログを見た後に、時給アップできると思うかどうか感想を返信してくださいと書かれていました。

このメールを送って2週間ほど後に、その派遣社員の方は返信された感想の集計をしたのです。

「派遣社員の時給アップは現実には難しい」

「派遣会社がまともに交渉してくれるとは思えない」

「スキルアップには時間がかかる」・・・

このような感想を集計していったのです。

この派遣社員の方は、この情報をどのように使ったのでしょうか?

少し考えてみてください。

自分で同じことをやってみるのもよいかもしれませんね。

回答は次回に発表いたします。
| 派遣社員が年収2倍にアップさせる方法とは | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の時給アップ交渉は権利です。

派遣社員の方で時給アップをしたいが、なかなか出来ないという人も多いのではないでしょうか?

時給アップのために、派遣社員は何をしなければならないのか、その知識を紹介しているものが少ないのが原因の一つですね。

こういった考えは今まで日本人の中にはなかったことかもしれません。

自分から時給をアップさせて欲しいと要求することはなにかタブーのような気がするのかもしれませんね。

しかし、派遣という雇用形態であれば、時給アップは自分から要求しなければ、上がることはまずありません。

派遣という雇用形態での時給アップの要求は、派遣社員の権利とも言えるものです。

なぜなら、派遣社員の場合は、誰かが時給を上げてくれるということはほとんどないのですから。

派遣先でも派遣元でも、有能な派遣社員が現状の時給で働いてくれることを望んでいます。

つまり誰も派遣社員の時給を上げようとはしません。

派遣社員は時給をアップさせる交渉をしなければならない、と考えるのが当然です。

では、時給アップをするためには何をしなければならないかということです。

これは、このブログの中で何度もご説明してきました。

スキルアップをし続けることは当然ですが、重要なのは派遣先、派遣元との信頼関係です。

特に派遣元との信頼関係というものは、派遣先にいないという状況の中で作らなければならないものです。

しかしながらそれゆえに、派遣社員に求められるものとして考えなければならないものです。

時給アップの交渉は派遣元が行ないます。

そのために信頼関係は重要になります。

そして、その信頼関係はそれほど難しくなく構築できるはずです。

このブログでも何度かその方法をご説明してきました。

そしてその信頼関係が出来たときに、時給アップの交渉のタイミングの問題が出てきます。

しかし、それらはすべて信頼関係があってのことです。

行動するのは派遣社員の方です。

今から行動してください。
| 派遣社員の時給アップ交渉は権利です。 | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の時給アップのタイミングは?

派遣社員の方は、派遣元の担当者との信頼関係を築くための方法を実践していただいていますでしょうか?

今はこの信頼関係がとても大切な時期です。

なぜだかお分かりになりますでしょうか?

この時期、派遣社員の契約更新の時期になります。

もう終わったという人もいらっしゃるでしょう。

そしてまだ終わっていないという人もいらっしゃるでしょう。

時給アップを望んでいる派遣社員時給アップの交渉を成功させやすいときはいつだったか覚えていらっしゃいますでしょうか?

そう、契約更新のときです。

派遣社員としてスキルアップをして、派遣先での信頼を勝ち取っているのであれば、時給アップの成功率は高いでしょう。

この時期は時給アップの交渉を必ず派遣元と行なうように習慣付けましょう。

時給アップの交渉の方法は何度かご説明してきましたので、その方法で行なってください。

派遣社員の時給というものは、自然にアップするということは決してありません。

派遣元としては、今の時給のままで働いてもらうほうが、メリットがあるからです。

時給アップするためには、派遣先と交渉しなければならないので、あまりやりたがらないのです。

派遣社員時給アップをしたいのであれば、自分からそれを切り出すことが必要です。

時給アップの交渉をためらう気持ちはとても理解できます。

しかし、時給アップをしたいのであれば、自分から切り出すしかないのです。

誰かが切り出してくれることはありませんから。

派遣社員という立場から、時給アップを交渉しづらいという人もいらっしゃるでしょう。

派遣契約をきられてしまうのではないだろうか?

時給を下げられるのではないだろうか?

こういった心配からでしょうか?

しかし、この二つは重大な法律違反といわざるを得ません。

派遣社員の方は、時給アップの交渉は自分の権利であるという気持ちで望むのが良いのです。

ただし威圧的な態度で交渉をする必要はありません。

派遣元の担当者との信頼関係に基づいて、交渉すればよいのです。

絶好のタイミングを逃すことなく、しっかりと自分の手でチャンスをつかんでください。
| 派遣社員の時給アップのタイミングは? | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の時給アップの交渉術

派遣社員時給アップの交渉のときに、他の派遣社員の時給との比較をしてはいけません。

しかし、派遣元の担当者と交渉をしている時に、他の派遣社員と差をつけるのはちょっと・・・

足並みをそろえたいので、時給アップはなかなか・・

というような理由で時給アップを断られることがあります。

しかし、これはとてもおかしな話です。

派遣社員の能力は個人個人で全く違います。

時給も足並みをそろえるということ自体が無意味です。

派遣社員の方で、時給アップをこういった形で断られたときは、すぐに引き下がるのではなく、しっかりと交渉しなければいけません。


「どうして能力に差があって、収入には差があったらいけないのでしょう?

派遣社員としての知識や技術は、タダで身についたものではないです。

派遣社員自身が身につけたスキルは、それなりに時間的、金銭的な投資をして身につけたものです。

他の派遣社員を比較に出すのは意味がありませんよ。」


このように交渉をしていくのです。

まず、時給アップをしてもらうのが申し訳ないというように考えることは必要ありません。

時給アップを要求できるほどのスキルアップをしたのなら、むしろ当然の権利です。

時給アップしてもらえないことを悩むのでしたら、派遣元に必死に交渉したほうがよいです。

他の派遣社員の時給を比較に出さない代わりに、派遣元にもそれを時給アップしない理由に使わせない。

派遣社員時給アップは、難しいことではありません。

スキルアップをして、正当な交渉をすることで、それは比較的簡単に実現するのではないでしょうか。

| 派遣社員の時給アップの交渉術 | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の時給アップへの近道は?

派遣社員の方は、時給アップの手っ取り早い方法を聞きたいと考えている人が多いのではないでしょうか?

時給アップのためにやらなければならないことは、さまざまありすぐに時給アップはできないものです。

しかし、早く時給アップをしたいというのも派遣社員の本音です。

ここで最も効果的な方法を考えてみたいと思います。

やはり、時給アップの一番の近道は、派遣元の担当者との信頼関係を築くことにあります。

この信頼関係は何度かご説明してきました。

派遣社員の方で、この信頼関係を築こうと何かを始めた人はいらっしゃいますでしょうか?

時給アップの交渉は派遣元の担当者が行ないます。

やはり担当者との信頼関係を築くことこそ、時給アップの近道です。

そしてその方法もそれほど難しくないこともご説明しました。

まず派遣元の担当者と頻繁に連絡を取るということ。

これはメールなどでかまいません。

派遣先での現状の報告や、スキルアップにこんなことを始めたなど。

さらにこんなスキルを磨いたということを簡単にメールで連絡するのです。

そして、派遣先へ派遣社員のあなたをたずねてきたときには、まずは「お疲れ様です」や「お忙しい中、ありがとうございます」などのねぎらいの言葉をかけることです。

特に難しいことはないと思います。

派遣元の担当者は、派遣社員一人だけを重点的に見ることは難しいです。

だからこそ派遣社員からのアプローチがとても大切です。

時給アップのためには、この派遣元の担当者に連絡をこまめにすることが、必ず効果を発揮します。

時給アップを成功させた派遣社員の方は皆さん、派遣元の担当者とまるで友達であるかのような関係を作っています。

こまめな連絡というのは、メールが発達した現在は難しいことではありません。

派遣社員として、時給アップさせるテクニックは他にもありますが、まずは基本である派遣元との信頼関係を築くことが大切です。
| 派遣社員の時給アップへの近道は? | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員は契約更新で時給アップ

派遣社員として、時給を確実に上げていきたかったら、ポイントとなるのは、前時給と同じかそれ以上の仕事を選ぶということです。

基本的に派遣社員として仕事をする場合、評価は給与にきちんと反映されるべきではないでしょうか?

だから、スキルアップしてパフォーマンスを出しているにもかかわらず、時給アップしないというのは耐えがたいはずです。

そこで、確実に派遣社員として時給アップしていくにはどうしたらいいか?

契約を終了して次の派遣先を選ぶときには、前時給と同額またはそれ以上の仕事を選ぶ、ということです。

非常に簡単ですが、これを実践している人は少ないのではないですか?

派遣社員の場合、 前時給というのは、職務経歴と同じように、その人の能力を判断する上でモノサシにされることがあります。

Aさん: 「前の仕事は、時給1,300円でした。」

Bさん: 「前の仕事は、時給1,500円でした。」

と聞いた場合、どちらの派遣社員のほうが仕事ができそうですか?

きっと皆さんが同じ答えをされると思います。

もちろん実際のところ、時給の高い低いだけでは派遣社員の仕事の能力など計れません。

ただ、高い時給をもらっていたということは、それだけの金額を支払うだけの価値のある派遣社員だった、という風にも受け取れませんか?

はじめて仕事をもらう派遣会社での場合はとくに、営業さんはそのスタッフの仕事の能力や評判が分かりません。

なので、だいたい今までどの程度の時給派遣社員として働いてきたのか?というのは、非常に重要なポイントなのです。

前時給より高い時給の仕事を選ぶということは、次の仕事探しに繋がるのです。

そして、時給は一度下げると、元に戻すのにとても苦労することがあります。

次の契約で時給以外の条件は全部いいのに・・・というときは、とにかく最低でも前時給までは出してもらうように交渉することが大切。

派遣社員として、しっかりとスキルアップをしてるのであれば、時給アップを求めるのは当然です。

契約更新では、時給アップを要求するのは、仕事が減ってしまうということを考える人がいます。

しかし派遣会社も優秀な派遣社員を手放したくはないのです。

しっかりとした時給アップを目指していくことが、派遣社員としての義務であるというくらいに考えるのが良いのではないでしょうか?
| 派遣社員は契約更新で時給アップ | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員は自分のスキルを最大限にアピールすること

派遣社員の方が時給アップを望むときには自分のスキルをアピールする必要があります。

OA事務や営業事務、またはアシスタントと呼ばれる派遣社員の業務は、業務の幅が広いものです。

企業側も、募集する派遣社員の特定が難しいようですね。

「臨機応変に対応できる人」なんて募集を出すこともあるようです。

具体的に派遣社員が、どのスキルをどの程度もっていればいいのか、判断が難しいこともあります。

また、実際に派遣でしばらく就業していて、いざ時給アップ交渉をしようとなったときにも、どの辺でどのように自分をアピールしていこうか、迷うかもしれません。

派遣社員としては自分のスキルをアピールしなければ、時給アップができないが、どうアピールするか・・・

そんなときはとにかく、プラスαをアピールするのです。

これはこの会社の業務にはあまり関係なさそうだな、と思うことでも、何でもです。

例えば。

国内企業の事務での派遣社員の場合に、特に英語のスキルの有無は問われていない場合でも、英検やTOEICのスコアを持っていたら、迷わずアピールします。

または、ずっと事務の派遣社員として業務をしていても、どこかでAccessを使ったことがあれば、「実は私データベースを使用して仕事した経験もあるんですよ!」とアピール。

もちろん、WordやExcelがかなり使いこなせるのであれば、派遣社員として間違いなくアピールすべきスキルです。

派遣社員の業務の中ではHPの作成経験がなくても、趣味でHPの作成経験などがあれば、そういうのもスキルの1つになります。

ブログを作成した場合でもHPといっても良いかもしれません。

派遣社員の方で、業務に関係のないスキルをアピールしても関係ないと思っている人がいますが、それは違います。

なぜなら、日本の企業の場合、特に事務系の派遣社員には、今だにスペシャリストよりも幅広く色んな業務をこなせる派遣社員を求める傾向があるからです。

派遣社員に深い専門知識を要求する一方で、どうせ同じ知識があるのなら、あれもこれもデキる派遣社員のほうがいいな、となるのです。

なので、直接今回の案件にこのスキルは関係ないなと思っても、こんなこともデキますよ!というのを、さりげなくアピールしましょう。

さりげなくといっていますが、派遣社員としての時給アップのためにはどうどうとアピールするほうが良いかもしれません。

そうしていると、ひょんな所から仕事の依頼があったり、全くかかわりのなかった部署のプロジェクトに参加させてもらえたりと、チャンスが生まれるものです。

派遣社員で働くと決めたら、とにかく、「派遣社員としての自分を売り込む」というチカラをつけたほうがよさそうですね。

日本人はどうも自分からスキルなどをアピールするのは気が引けるという人が多いです。

どうしても自分をアピールする自己紹介というものが日本人は苦手です。

派遣社員の場合も、自分のスキルをアピールすることに抵抗がある人が多いかもしれません。

しかし、派遣社員としてのスキルをアピールすることは、派遣元や派遣先にはむしろありがたいことです。

何ができるのかわからない派遣社員よりも何ができるかはっきりしている派遣社員のほうがありがたいと思いませんか?

派遣社員のスキルをアピールするのに抵抗を感じる人は、こう考えてはいかがでしょう?

スキルをアピールするのは派遣元と派遣先の利益のためにしなければならない、派遣社員として当然のことだ、と。

派遣社員として当然のことをして、時給アップをしてもらいましょう。
| 派遣社員は自分のスキルを最大限にアピールすること | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員としての契約外の仕事はどうする?

長いこと同じ職場に派遣社員として就労していると、だんだんと当初の契約条件と違う仕事をさせられるようになることがあります。

派遣社員でしばらく働いた経験がある方なら、必ず一度や二度は体験しているはずです。

派遣社員とはいえ、派遣先で仕事をしているのだから、派遣先の指示に従うべきだというようなことを言われることもあります。

しかし、派遣社員に対してはその指摘は間違っていると言わざるをえません。

なぜなら、派遣社員という雇用形態は、「働く条件を選べる」というシステムのもとで、成り立っているからです。

正社員は基本的には、会社が命じる仕事をする。

正社員と派遣社員が決定的に違うところはこの点です。

なので、派遣社員に対して契約外のことを「臨機応変に」とか「アバウトに」といって指示するのは、法律的にも問題です。

ただ、だからと言って、派遣社員の側は、何でもかんでも与えれた仕事を、「これは契約外なのでデキません!」というのは、いかがなものなのでしょうか?

派遣社員が自分で仕事の範囲を狭めてしまうのは、とてももったいないことなのではないでしょうか?

新たなスキルを身につけるチャンスを、無駄にしてしまうことだってあり得ます。

なので、これはちょっと話が違うぞ・・・?と思うような仕事を与えられたときは、まずは派遣社員としての自分自身でよく考えてみてください。

もし、やってみたい仕事であれば、契約条件を更新してもらいましょう。

必要であれば、時給の再設定もしてもらいましょう。

つまりここが時給アップのチャンスとなるかもしれません。

でも、明らかに自分の今後に繋がらないような仕事を指示されて、それが全くの契約外のことであれば、それはハッキリできないと伝えるべきです。

直接言うことに抵抗があるなら、派遣会社に相談してみるといいでしょう。

なるべく派遣社員として気持ちよく、そして派遣先との信頼関係を築くことも考えたいものです。

契約外の仕事で派遣社員として成長できるのであれば、それは願っていたことがめぐってきているのかもしれません。
| 派遣社員としての契約外の仕事はどうする? | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の時給アップは夢への近道?

派遣社員のメリットとはどのようなものでしょうか?

やはり派遣社員は自分の目的やライフスタイルに合わせて職種や働き方が選べること。

スキルを活かして専門的な仕事をしたい人、家庭との両立などで自分の都合の良い勤務時間や勤務形態で働けることなどでしょうか。

派遣社員として働くことのメリットは、このように派遣社員本人の希望をかなえることができる点にあります。

趣味のために、派遣社員になる、資格試験を目指すために派遣社員になる、このような選択ができるということです。

自分の夢などを追いかけるために派遣社員になった人は、派遣社員としての自分は仮の自分、夢に向かう自分が本当の自分という気持ちがあるかもしれません。

その気持ちはとてもよくわかります。

しかし、派遣社員としての時給アップができれば、自分の夢への道ももっと楽になるかもしれません。

将来の漠然とした不安というものが、派遣社員として働いている人にはあることがあります。

派遣社員として時給アップを着実にしながら、夢に向かっている人はなぜか輝いて見えます。

なぜそのように見えるのでしょうか?

派遣社員として時給アップをしながら、夢をしっかりと追いかける人は、自己管理を自分のものにしている人です。

派遣社員として足りないところ、それを補うこと。

夢に向かって自分を高めていくことはとても似ています。

夢に向かって自分を高めることは、今の自分を正確につかみ、足りないものを補っていくことです。

これは、派遣社員が時給アップをしていくことと同じこと。

派遣社員としての自分、夢を追いかける自分というものが全く別と考える人は、自己分析、自己管理ができていないことがあります。

派遣社員として時給アップするために足りていないものを補うこと、これによって自己分析や自己管理をしっかりと学ぶことです。

時給アップとともに、自らを高めること、派遣社員として学ぶことができる貴重なスキルですね。
| 派遣社員の時給アップは夢への近道? | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/3PAGES | >>