出産育児休暇は派遣社員の権利 | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣元でない派遣会社との信頼関係は? | TOP | 派遣社員はスキルアップを楽しく行なうこと >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

出産育児休暇は派遣社員の権利

派遣社員として働く女性の方は、最近とても多いです。

そして主婦の方も派遣社員として多くの方が働いています。

新婚の方も、家計を助けるなどの理由で派遣社員として働いている女性も多いです。

社会としても、少子化などで働き手が少なくなる中、女性の力はとても大切です。

女性が働きやすくなることで、少子化に歯止めをかけようという動きもあります。

しかし、女性の派遣社員には女性特有の悩みもあるものです。

女性の派遣社員の方で、悩まれるのが妊娠、出産などのときの対処の仕方でしょう。

以前、このことは少し説明しましたが、もう一度抑えておくべき問題なのではないでしょうか。

多くの方が勘違いされているのですが、派遣社員と正社員の出産休暇などの権利は差のあるものではありません

派遣社員と正社員は全く同じように出産休暇などを取得できます。

派遣社員も権利として、出産休暇を申請できるのです。

派遣社員の権利としては、以下のように主張できます。

派遣社員も産前6週間(多胎妊娠は14週間)、産後8週間の出産休暇を取ることができます。

出産休暇中とその後30日間の解雇は違法です。

妊娠、出産を理由に派遣社員を解雇することはできません。

当然育児休暇も派遣社員は取得できます。

育児休暇の取得条件…1年以上勤務していること、子供が一歳になった後も雇用される見込みがある派遣社員。

派遣社員の男性も育児休暇を取得できます。(奥さんが専業主婦でも産後8週間は取得できます。)

そして派遣社員も生理休暇を取ることができます。

医師の診断書は必要ありません。

生理休暇を有休にできるのかは、派遣先によって異なります。

しかし突発の休みでも有休を申請できる派遣先ならば、遠慮なく有休を使って生理休暇をとるのがよいのではないしょうか。

これらの権利を行使したことを理由に派遣社員を不当に扱うことは違法です。

派遣社員の方は、正社員と変わらない権利を主張できることを知らない人が多いです。

それが理由で不当な扱い派遣先から受ける派遣社員の方もあとをたちません。

派遣社員であることは、正社員よりも立場が弱いのではなく、単なる雇用形態の違いでしかないことをしっかりと認識しておいてください。
| 出産育児休暇は派遣社員の権利 | 派遣 福利厚生 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/103
トラックバック