派遣社員としての契約外の仕事はどうする? | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣社員は電話には積極的に出よう | TOP | 派遣社員は自分のスキルを最大限にアピールすること >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員としての契約外の仕事はどうする?

長いこと同じ職場に派遣社員として就労していると、だんだんと当初の契約条件と違う仕事をさせられるようになることがあります。

派遣社員でしばらく働いた経験がある方なら、必ず一度や二度は体験しているはずです。

派遣社員とはいえ、派遣先で仕事をしているのだから、派遣先の指示に従うべきだというようなことを言われることもあります。

しかし、派遣社員に対してはその指摘は間違っていると言わざるをえません。

なぜなら、派遣社員という雇用形態は、「働く条件を選べる」というシステムのもとで、成り立っているからです。

正社員は基本的には、会社が命じる仕事をする。

正社員と派遣社員が決定的に違うところはこの点です。

なので、派遣社員に対して契約外のことを「臨機応変に」とか「アバウトに」といって指示するのは、法律的にも問題です。

ただ、だからと言って、派遣社員の側は、何でもかんでも与えれた仕事を、「これは契約外なのでデキません!」というのは、いかがなものなのでしょうか?

派遣社員が自分で仕事の範囲を狭めてしまうのは、とてももったいないことなのではないでしょうか?

新たなスキルを身につけるチャンスを、無駄にしてしまうことだってあり得ます。

なので、これはちょっと話が違うぞ・・・?と思うような仕事を与えられたときは、まずは派遣社員としての自分自身でよく考えてみてください。

もし、やってみたい仕事であれば、契約条件を更新してもらいましょう。

必要であれば、時給の再設定もしてもらいましょう。

つまりここが時給アップのチャンスとなるかもしれません。

でも、明らかに自分の今後に繋がらないような仕事を指示されて、それが全くの契約外のことであれば、それはハッキリできないと伝えるべきです。

直接言うことに抵抗があるなら、派遣会社に相談してみるといいでしょう。

なるべく派遣社員として気持ちよく、そして派遣先との信頼関係を築くことも考えたいものです。

契約外の仕事で派遣社員として成長できるのであれば、それは願っていたことがめぐってきているのかもしれません。
| 派遣社員としての契約外の仕事はどうする? | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/109
トラックバック