派遣社員は契約更新で時給アップ | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣社員としての成長は自分を客観的に見ること。 | TOP | 派遣社員は自分の弱みをしっかりと知ること >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員は契約更新で時給アップ

派遣社員として、時給を確実に上げていきたかったら、ポイントとなるのは、前時給と同じかそれ以上の仕事を選ぶということです。

基本的に派遣社員として仕事をする場合、評価は給与にきちんと反映されるべきではないでしょうか?

だから、スキルアップしてパフォーマンスを出しているにもかかわらず、時給アップしないというのは耐えがたいはずです。

そこで、確実に派遣社員として時給アップしていくにはどうしたらいいか?

契約を終了して次の派遣先を選ぶときには、前時給と同額またはそれ以上の仕事を選ぶ、ということです。

非常に簡単ですが、これを実践している人は少ないのではないですか?

派遣社員の場合、 前時給というのは、職務経歴と同じように、その人の能力を判断する上でモノサシにされることがあります。

Aさん: 「前の仕事は、時給1,300円でした。」

Bさん: 「前の仕事は、時給1,500円でした。」

と聞いた場合、どちらの派遣社員のほうが仕事ができそうですか?

きっと皆さんが同じ答えをされると思います。

もちろん実際のところ、時給の高い低いだけでは派遣社員の仕事の能力など計れません。

ただ、高い時給をもらっていたということは、それだけの金額を支払うだけの価値のある派遣社員だった、という風にも受け取れませんか?

はじめて仕事をもらう派遣会社での場合はとくに、営業さんはそのスタッフの仕事の能力や評判が分かりません。

なので、だいたい今までどの程度の時給派遣社員として働いてきたのか?というのは、非常に重要なポイントなのです。

前時給より高い時給の仕事を選ぶということは、次の仕事探しに繋がるのです。

そして、時給は一度下げると、元に戻すのにとても苦労することがあります。

次の契約で時給以外の条件は全部いいのに・・・というときは、とにかく最低でも前時給までは出してもらうように交渉することが大切。

派遣社員として、しっかりとスキルアップをしてるのであれば、時給アップを求めるのは当然です。

契約更新では、時給アップを要求するのは、仕事が減ってしまうということを考える人がいます。

しかし派遣会社も優秀な派遣社員を手放したくはないのです。

しっかりとした時給アップを目指していくことが、派遣社員としての義務であるというくらいに考えるのが良いのではないでしょうか?
| 派遣社員は契約更新で時給アップ | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/112
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/09/10 8:51 PM |