派遣社員は自分の弱みをしっかりと知ること | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣社員は契約更新で時給アップ | TOP | 派遣社員が英語を活かしたいときは? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員は自分の弱みをしっかりと知ること

派遣社員で仕事を探すとき、また正社員での就職・転職を考えているときもそうですが、自分の強みと弱みを知っておくのは、大事なことだと思います。

できる派遣社員と呼ばれる人たちは、例外なく自分の強み弱みを把握しています。

今まであまりそういったことを考えたことのない人も、一度自分自身を把握しておく必要があるのではないでしょうか?

派遣社員として何が優れていて、何が足りないのか。

これは、やはり紙に書き出していって整理するのが分かりやすい方法だと思います。

長所、短所をすべて書き出し、それを見ながら、自分の強み、弱みをはっきりとさせるのが良いでしょう。

そして、

・強みを活かせる仕事を選ぶのか?

または、

・弱みを克服するための仕事を選ぶのか?

考えなければいけないと思います。

しかし、派遣社員の場合は、「即戦力」と言われることもあり、強みを活かせる仕事を選ぶのが、一般的かもしれません。

そして、そのほうが時給アップもしやすいと思われます。

ただ、弱みを克服できそうな仕事に就かせてもらえるチャンスをいただけたなら、それは前向きに考えたほうがいいのでは、とも思います。

結局、今の時点で弱みとして認識している部分も、経験を積むことで新しいスキルとなり、それが後々、強みに変わる可能性があるんですから。

そして、自分のやりたい仕事が、その弱みを克服しなければならないものであれば、弱みを克服できる派遣先を探すことを選択肢として加えるほうが良いでしょう。

こういった選択ができるのも派遣社員の特権です。

強みを活かせる仕事に良い条件で就けたなら、その強みによりいっそう磨きをかけて、その分野でのプロフェッショナルを目指す。

弱みを克服できる仕事であれば、しっかりと弱みを克服していく姿勢が、派遣社員には大切です。

誰でも、自分の弱みを知ることはあまりしたくありません。

しかし、成功者と呼ばれる人は、みんな一様に自分の弱みを知り、克服しています。

これは弱みから逃げず、立ち向かう力が成功への道と同じだからではないでしょうか?

派遣社員の方は、ぜひ自分を掘り下げて見てみることをおすすめします。
| 派遣社員は自分の弱みをしっかりと知ること | 派遣社員 スキルアップ |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/113
トラックバック