派遣社員の時給アップの交渉術 | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣社員の時給アップへの近道は? | TOP | 派遣社員の経験は時給アップへのスキルとなりえる >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の時給アップの交渉術

派遣社員時給アップの交渉のときに、他の派遣社員の時給との比較をしてはいけません。

しかし、派遣元の担当者と交渉をしている時に、他の派遣社員と差をつけるのはちょっと・・・

足並みをそろえたいので、時給アップはなかなか・・

というような理由で時給アップを断られることがあります。

しかし、これはとてもおかしな話です。

派遣社員の能力は個人個人で全く違います。

時給も足並みをそろえるということ自体が無意味です。

派遣社員の方で、時給アップをこういった形で断られたときは、すぐに引き下がるのではなく、しっかりと交渉しなければいけません。


「どうして能力に差があって、収入には差があったらいけないのでしょう?

派遣社員としての知識や技術は、タダで身についたものではないです。

派遣社員自身が身につけたスキルは、それなりに時間的、金銭的な投資をして身につけたものです。

他の派遣社員を比較に出すのは意味がありませんよ。」


このように交渉をしていくのです。

まず、時給アップをしてもらうのが申し訳ないというように考えることは必要ありません。

時給アップを要求できるほどのスキルアップをしたのなら、むしろ当然の権利です。

時給アップしてもらえないことを悩むのでしたら、派遣元に必死に交渉したほうがよいです。

他の派遣社員の時給を比較に出さない代わりに、派遣元にもそれを時給アップしない理由に使わせない。

派遣社員時給アップは、難しいことではありません。

スキルアップをして、正当な交渉をすることで、それは比較的簡単に実現するのではないでしょうか。

| 派遣社員の時給アップの交渉術 | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/118
トラックバック