派遣社員がベートーベンに学ぶべきこと | 派遣社員の時給と権利について





<< できる派遣社員になる方法 | TOP | 派遣社員を抜け出す方法 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員がベートーベンに学ぶべきこと

 
派遣社員の方の中には、ベートーベン:交響曲第7番のことを知っている人も多いと思います。

それがこれです。





ドラマ「のだめカンタービレ」でも有名な曲です。

このベートーベン:交響曲第7番、ベートーベンが何歳のときに作曲したかご存知でしょうか?

48歳のときです。

ところで、派遣社員の方も、ベートーベンが聴力を失っていったという事実はご存知でしょう。

ベートーベンが聴力を失い始めたのが、28歳のとき。

ベートーベンは耳の障害を負いながらも、ますます明るい音楽を作っていきました。

ベートーベン:交響曲第7番もその一つ。

この曲を作るときに聴力を失っていたなんて信じられますか?

耳の障害という音楽家にとって致命的な障害もベートーベンは不屈の精神で乗り越えました。

派遣社員のあなた、今は全く報われていないと感じることがあるかもしれません。

派遣社員という現状から抜け出すことができない事実を恨んだりすることもあるかもしれません。

しかし、もっと重い障害に打ち勝ち、人々に今も希望を与え続ける音楽を作った人もいるのです。

派遣社員のあなたも、決してあきらめることのないように、希望を持ち続けてほしいと思います。
| 派遣社員がベートーベンに学ぶべきこと | 派遣社員として |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/129
トラックバック