派遣社員の権利 労災 | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣社員は契約内容を必ず確認! | TOP | 派遣社員時給を上げるための派遣先派遣元との関係 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の権利 労災

派遣社員も労災の場合は労災の申請することができます。

しかしながら、たとえば仕事中のけがなのに、会社が労災の申請をしてくれず、社会保険を利用するように言われた場合はどのようにすればよいのでしょうか?

これは違法行為ではないのでしょうか?

派遣社員であるからと労災を申請しないことは明かな違法行為です。

会社がどうしても申請をしてくれなければ、管轄の労働基準監督署の労災課に申告すれば、会社に指導をしてくれますし、悪質であれば罰してくれることもあります

また、そもそも労災申請の「請求人」は被災労働者ですから、派遣社員自身で労災申請をしてしまうことが可能。

会社が被災事実の証明をしてくれなくとも受理されます。

派遣社員は立場がどうしても弱くなってしまいがちです。

しかし、労災というのは、労働者の権利ですので、しっかりと守られなければならないのです。

けっして労災の申請がされないからと泣き寝入りをすることはやめましょう。

またたとえば怪我をした場合に労災を申請しようとしたときに、派遣社員のあなたの不注意でそうなったのだからできないなどということがあるかもしれません。

しかし、労災というのは余程の法律違反がないかぎり労災の申請ができないということはありません。

たとえば労災目的の怪我などは労災の申請が受理されないことはあるかもしれません。

不注意程度のものならば、労災の申請は受理されます。

そして、労災は通勤途中での怪我や病気にも適用されます。

たとえば、極端な話ですが、通勤途中に野良犬にかまれた場合も労災はおりるのです。

もちろん野良犬に変なちょっかいを出したりしていればおりないですが、普通の通勤をしている場合はおります。

労働者の権限はこのように手厚く保護されていますので、自分の判断で申請を取り下げたりしないようにしましょう。
| 派遣社員の権利 労災 | 派遣 福利厚生 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/30
トラックバック