派遣社員の産休は? | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣社員は派遣先でスキルアップ! | TOP | 派遣社員 時給アップのためにスキルを組み合わせ? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の産休は?

派遣社員は結婚されている女性が多いですね。

そういった方の中には、妊娠出産ということが派遣社員であるときに起こるかもしれません。

派遣社員の方には、このような知識があまりない人たちもいらっしゃいます。

しかし、派遣社員であっても、労働者の権利は正社員と変わりません。

しっかりと派遣社員の権利としてそういった問題を考えていきましょう。

まず産休について考えてみましょう。

産休が派遣社員はとれないのではないかと思っている方がいらっしゃいますが、それは違います。

以下の法律をご覧ください。

労働基準法第65条

(1)使用者は、6週間(多胎妊娠の場合にあっては、14週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない。

(2)使用者は、産後8週間を経過しない女性を就業させてはならない。ただし、産後6週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと認めた業務に就かせることは、差し支えない。

(3)使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。


派遣社員 にも適用されますので、産前6週間、産後8週間の産休をとることができます。

ただし、産休中は、無給になってしまいますので、出産手当金をもらって収入を補いましょう!

※出産手当金は、社会保険の被保険者になっている場合のみ対象です。

したがって、出産を考えていらっしゃる派遣社員の方は、社会保険に入っておくことが重要です。

派遣社員の中には、社会保険などに入っていない人がいます。

しかし、派遣社員の福利厚生は法律で決められた権利です。

また入っていない人は派遣元に連絡して被保険者になることをお勧めします。

派遣社員に限らず正社員であっても、社会保険に関する知識があまりない人も多いです。

社会保険は医療機関にかかるときにだけお金が出るのではありません。

今回の出産手当金だけではなく、他にもいろいろな場合にお金が出るのです。

出産の計画のある人は、一度保険についても確認しておくのがよいでしょう。
| 派遣社員の産休は? | 派遣 福利厚生 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/41
トラックバック