派遣社員の福利厚生 | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣社員 スキルアップ | TOP | 派遣社員 スキルアップの報告 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の福利厚生

派遣社員の方も、健康保険、厚生年金、労災保険など、保険関係にきちんと加入できるというのは、安心して働く上で、とっても重要です。
派遣社員の場合は、社会保険、雇用保険、有給休暇を受けるためには、雇用の条件がそれぞれことなってくるので、ここで確認しておく必要があります。

その違いをしっかりと知って、福利厚生のサービスを受けることが重要です。

社会保険の加入条件
まず、雇用期間2ヶ月以上の派遣契約が成立しているということ。
そして、業務時間に関しては、派遣社員の1ヶ月の労働日数および1日(または1週間)の労働時間が派遣会社に勤務する一般社員の4分の3以上である。
契約期間については、最初の1ヶ月は様子見のような形で派遣契約されることがあります。
しかし1回目の派遣期間が1ヵ月でも、更新して2ヵ月目に入れば加入できます。

雇用保険の加入条件
同じ派遣会社から1年以上派遣社員として派遣される見込みがある。
そして、1週間の所定労働時間が20時間以上である。
派遣終了後から次の派遣までのブランクが1ヶ月以内なら加入できます。

有給休暇の取得条件
派遣社員として6ヶ月以上継続して勤務している。
全労働日の8割以上出勤している。
雇用契約が短期であっても、同じ人材派遣会社と繰り返し6ヶ月以上契約を継続しながら更新している場合には、6ヶ月継続勤務している場合と同様、有給休暇が与えられる。

各派遣会社で用意されているさまざまな福利厚生メニューについても、サービスを受ける際に手続きや条件が複雑だったり、費用面でもくわしく記述されていないこともあります。
中には、派遣社員のスキルアップのために、講座などを開設しているところもあります。
事前にくわしく説明を受け、納得の上、充実した福利厚生サービスを受けるよう心がけましょう。
| 派遣社員の福利厚生 | 派遣 福利厚生 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/5
トラックバック