エレベーターでの派遣社員のマナー | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣社員 メモをさらに使える情報にする | TOP | 人的ネットワークを築く派遣社員 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

エレベーターでの派遣社員のマナー

エレベーターにもマナーはあるのはご存知でしょうか?

時給アップのためのスキルアップとして、こういったところも大切なものです。

派遣社員の方は細かいところまで、心配りをすることでさらに派遣先との信頼関係を築きましょう。

自分が急いでいるからといって、派遣先の上司より先に乗り込んでいたりはしないでしょうか?

こういったことは周りへの配慮に欠けるということで、派遣社員の時給の査定ではマイナスになります。

エレベーターのように、狭い空間ではとくにお互いにマナーを気をつけないと互いに嫌な気分になります。

エレベーターも電車と同じで、降りる人が先です。

また乗り降りは上役から先にが鉄則です。

エレベーターのボタンの近くにいる場合は、「開」のボタンを押して、全員が降りた後に自分がおります。

つまりその階で降りる人がいる場合は、自分が一番最後に降りるのです。

派遣社員だけでなく、正社員であっても、こうするのがエレベーターのマナーです。

ただし、エレベーターが混雑しているときには無理をせず、全体の流れにまかせましょう。

臨機応変の対応が周りへの配慮ということです。

上司が降りるのを待つのが明らかに周りの迷惑になるのなら、先に下りて待つのがマナーです。

次にエレベーターに乗った後です。

自分がドアの近くに立ったときは、あとから乗った人に利用回数を尋ねてボタンを操作しましょう。

多くの荷物を持っている人が乗ってきた場合も同様です。

また、エレベーター内では喋らないようにしましょう。

取引先やライバル社に情報が漏洩することもあります。

派遣社員は特に、会社の情報を漏らすことは、絶対にしてはいけません。

次に、来客を見送る場合です。

派遣社員であろうと、正社員であろうと来客にとってはまったく関係ありません。

来客を見送る場合、一般的にはエレベーターまで見送るのが礼儀とされています。

来客の代わりにボタンを押し、相手がエレベーターに乗り込んだら、ドアが閉まるのに合わせてお辞儀をしましょう。

ただし、特に大切なお客様の場合は、玄関先までご案内して見送ります。

車の場合は、車が見えなくなるところまで見送るのが正式です。

エレベーターのマナーだけでもこんなに大切なことがあります。

派遣社員として成長するにはこういったマナーは絶対に必要です。
| エレベーターでの派遣社員のマナー | 派遣社員のビジネスマナー |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/56
トラックバック