できる派遣社員は遅刻の報告でも差をつける | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣社員は異動しない | TOP | 派遣社員の上手な報・連・相 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

できる派遣社員は遅刻の報告でも差をつける

派遣社員として働くことは当然ですが社会人の常識が必要です。

そしてそれを少し上回るのが派遣社員のスキルなのです。

当然ですが職場に遅刻はいけません。

職場には遅くとも10分前には着席しているのがやはり望ましいです。

すぐに業務を進めることができる状態を作ることが大切です。

しかしどうしても遅れるときには、できるだけ早く連絡しなければなりません。

ここで連絡するときに、5分遅れそうな場合は

「たいへん申し訳ありません。15分ほど到着が送れそうです。」

と伝えます。

これが派遣社員のスキルです。

人は遅刻をする場合、遅れる時間を最短で申告する傾向があります。

「申し訳ない」という気持ちからそういってしまうわけですが、

「5分遅れます」

と言っておいて10分遅れてしまうと、相手に二度も嘘をついたことになります。

遅刻を嘘とは言わないかもしれませんが、そういう意識でいることが大切です。

時間に余裕をもって伝えることで、派遣先もそれなりの準備ができます。

5分遅れで到着するれば、思ったよりも早かったね、と派遣先の気分の違います。

遅刻ということはよいことではありません。

しかし派遣社員も人間ですから、絶対に遅刻しないということは100%ではありません。

遅刻したときにどう対処するかが、ヒューマンスキルなのです。
| できる派遣社員は遅刻の報告でも差をつける | 派遣社員のビジネスマナー |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/62
トラックバック