派遣社員は「対応」と「応対」を区別すべし | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣社員 電話に出る前と後のマナー | TOP | 派遣社員のアフター5は? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員は「対応」と「応対」を区別すべし

派遣社員の方は「対応」と「応対」の違いが分かっているでしょうか?

使い分けができる派遣社員の方はいらっしゃいますでしょうか?

別に使い分けなくても違和感は特になく、大幅に間違うことはないものの、派遣社員として正しく使うには、その意味を理解する必要があります。

そして顧客満足ということが絶対に必要な今、この2つの違いはとても大切です。

ということで、今日は「対応」と「応対」について考えてみます。

「対応」というのは相手に対(対峙)して応じること。

対するというのは面と向かうことです。

相手の面と向かって、要求があれば派遣社員のあなたは、それに応じて行動や処理を行うというのが「対応」です。

「苦情や要望へは個別に対応する」などと使います。

相手の出方により、派遣社員のあなたの行動が変わります。

これに対して「応対」は、広く相手に対して受け答えをすることです。

同じ意味で「応接室」、「応接間」ともいうように、広くお客さんに対してもてなすことをいいます。

会社の電話受付などは「電話応対」です。

「対応」と違うのは、お客さんによって行動はあまり変化しないということです。

広く寛大な気持ちで「応対」。

クレームの電話の場合は、受付で「電話応対」し、クレーム担当者がそれを引き継いで「電話対応」すると、こう考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

「応対」=「相手になって、受け答えすること」

「対応」=「相手の状況に応じて処置・行動すること」

この2つはビジネスシーンでは絶対に必要です。

派遣社員の方は、この2つの違いを理解していると、派遣先での評価がまったく違います。

クレーム対応のときと、来客の応対がまったく同じ派遣社員というのは、機械的な感じで評価が下がります。

時給アップを目指す派遣社員は当然にこの二つを使い分けることができるという状態になってください。
| 派遣社員は「対応」と「応対」を区別すべし | 派遣社員のビジネスマナー |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/70
トラックバック