紹介予定派遣としての心得 | 派遣社員の時給と権利について





<< 派遣社員の時給って? | TOP | 派遣社員の面接の心得 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

紹介予定派遣としての心得

派遣社員の方が正社員になりたいときに、紹介予定派遣を利用する方法もあることをご紹介しました。

紹介予定派遣の場合、一定期間を紹介予定派遣として勤務して正社員になるかどうかが判断されます。

この期間をどのように派遣社員の人は認識すればよいのでしょうか?

まず正社員として最初から採用される場合はどのように試用期間が設けられているのかを考えて見ます。

通常、企業が社員を採用する場合、試用期間を設け、問題なければ3カ月後、または6カ月後に正社員として辞令を交付します。

ここで正社員としては無理だなと判断されたときに、企業はその社員を解雇することができます。

ところがこのように社員を雇用するにあたって不幸にして何らかの問題が発生した場合、試用期間中に解雇するには相当な労力を要します。

正社員を解雇した場合、不当解雇から労働争議へと発展したケースは今までもたくさんあります。

対して、紹介予定派遣の場合はどうでしょうか?

「企業側はその紹介予定派遣が気に入らなければ断ることができる」。ここが問題です。

もちろん、断る際にはしかるべき正当な理由が求められます。

しかしながら、ここには何とでも理屈は付けられます。

ましてや正社員ではありません。

派遣を終了するだけのことです。

紹介予定派遣から正社員になるためには、しっかりとした正社員としての認識が必要です。

派遣社員でいた人は、ここの認識が甘い場合があります。

派遣社員の場合、比較的休暇を取りやすかったり、遅刻もそれほどうるさく言われない傾向があります。

しかし、紹介予定派遣は違うと考えなければなりません。

紹介予定派遣の期間中に一度でも、欠勤や遅刻があった場合には、正社員の道は閉ざされると考えなければなりません。

そして、社会人としてのマナーも問われます。

紹介予定派遣の期間は正社員ではないから、多少の問題は許されると考えている場合、絶対に正社員として採用はされません。

派遣社員から正社員になりたい人は、こういった面からもヒューマンスキルやビジネススキルを磨かなければならないのです。
| 紹介予定派遣としての心得 | 紹介予定派遣 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/92
トラックバック