派遣社員の面接の心得 | 派遣社員の時給と権利について





<< 紹介予定派遣としての心得 | TOP | 契約更新は派遣社員の節目 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の面接の心得

派遣社員の方は、顔合わせや面談をされる経験が多くあると思います。

転職や時給のアップも自分を理解してもらわなければならないものです。

そいうった実力は派遣社員には絶対に必要なものでしょう。

正社員になりたい派遣社員の方で、緊張してうまく面接などができないという方も多くいらっしゃいます。

大勢に自分の意見を話すということは、とても大切なスキルといってもよいでしょう。

もちろん面接など少人数に対して話す場合も同じです。

自分の意見が相手に伝わらなければ意味がない。

厳しいですが、この現実をしっかりと派遣社員の方は理解する必要があるでしょう。

ここでは転職には絶対に必要な面接ということで進めたいと思います。

面接というのは、一言でいえば自分を売り込むセールスということです。

つまり営業ですね。

派遣社員の方が、正社員に転職したい、もっと時給の高い派遣に転職したいというときには、自分自身を売り込まなければならないのです。

営業ということで考えると、その難しさがわかりましたでしょうか?

営業の相手はお客様です。

普通に考えて、お客様は営業マンであるあなたの話など基本的に「聞かない」「信じない」です。

そう、面接官も同じく派遣社員のあなたの話を「聞かない」「信じない」ということです。

この前提を崩すことが面接では必要なのです。

崩すことなく、派遣社員が自分のスキルや経験、意気込みなどを話したところで、聞いていないのですから意味がありません。

まずは面接官に話を聞かせる必要があります。

正直申し上げて、相手を説得するということは、ほぼ不可能なことです。

実は成績の良い営業マンはお客様を説得しているのではありません。

すでに買う気満々のお客様を探しているのです。

派遣社員が面接を受ける場合も同じです。

説得はおそらく不可能です。

ならばいきなりクロージングから入ってしまうことも手段の一つでしょう。

クロージングとは営業で、「このような商品ですが買いますか、買いませんか?」と聞くことです。

面接のときは「私は派遣社員として今まで働いてきて、今転職しようとしています。○○のスキルで御社に利益をもたらすことができますが、私を採用されますか?」

このようにいきなり聞くことは、なかなか勇気がいることかもしれません。

このような方法もあることを面接の時に思い出すことができるとよいかもしれません。
| 派遣社員の面接の心得 | 派遣社員から正社員 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tempshain.jugem.jp/trackback/93
トラックバック