派遣社員の時給アップのために | 派遣社員の時給と権利について





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

できない営業が派遣社員の担当者になったら

派遣社員の場合、必ず派遣元の担当者がいます。

派遣先が変わるたびに担当者が変わることがあります。

特に大手の派遣会社でお仕事をもらう場合、派遣先が変わるたびに担当者も変わることが多いです。

派遣業界では、時給アップについては派遣社員のスキルに関していろいろと言われることがありますが、派遣営業さんについてはどうなのでしょうか?

派遣社員の時給アップは派遣元の担当者が交渉をします。

したがって、担当になる営業さん次第で、時給アップのしやすさがだいぶ違うということがあります。

はっきりと申し上げて、できる営業さん、できない営業さん、どちらでもない営業さんというのは分かれるものです。

デキる営業さんは、就業初日の夜に「今日は初日でしたが、どんな感じでしたか?」

仕事の最終日には「今までお疲れ様でした。また今後もよろしくお願いします。」といった、基本的なフォローを欠かしません。

人間関係ではこういったことは基本ですが、大切なことです。

それに、常にスタッフの立場を考えての言動をとってくれるので、派遣先企業との間に何かやりずらい部分があったりしても、どちらもが嫌な思いをしないように交渉をしてくれたりします。

「デキない営業さん」は、上記のような心遣いはまず無いに等しく、何かお願いしたときのレスポンスも良くないです。

あと、ほぼ共通しているのが、コミュニケーションに問題があるということです。

営業という職についていてコミュニケーションに問題があるって・・・?と思われるかもしれませんが、意外といます。

相手の話をきちんと聞く、という部分がデキていなかったり、勝手に自分の尺度で解釈してしまったり。

自分の考えだけで話してしまったりするのです。

そういうのは、ミスコミュニケーションの原因ですよね。

「そこそこの営業さん」というのは、上記2タイプの中間というところでしょう。

ということで、もうお分かりかと思いますが、派遣社員としてはデキる営業さんの担当している案件をもらうことが、時給アップの早道になるのです。

なので、運良くデキる営業さんが自分の担当になったら、その人となるべく仲良くしておくと、それが今後の時給アップにも繋がります。

仲良くすると言っても、別にプライベートで親しく付き合ったりするということではありません。

資格を取るためにこういう勉強を頑張ってますよとか、最近職場でこんな仕事を任されたんですよとか、ちょっとした近況報告のメールを送ったりするだけでもいいのです。

こういったヒューマンスキルの重要性は何度も解説してきましたので、もうお分かりですね?

残念ながらできない営業さんが担当者になってしまった場合はどうするのでしょうか。

時給アップはあきらめるということでしょうか。

この場合は、担当の営業の方との信頼関係を築くということはいつもと同じように重要です。

そして、派遣先の上司や管理者の信頼関係により重きを置いていくということが大切です。

派遣社員の方は、どの状況であっても時給アップの道はあることを覚えておいてください。
| できない営業が派遣社員の担当者になったら | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

契約更新は派遣社員の節目

今は特に転職も考えていないから、契約の更新をすることを望んでいる派遣社員の方も大勢いらっしゃるでしょう。

派遣社員の中にはあまり変わり映えのしない仕事を続けて、ただ何となく企業側からも契約更新をお願いされるので、同じ会社で同じ仕事をしながら、時給も大して上がらずに、1年、2年、気がつけば経っていた・・・なんてこともよく聞きます。

派遣社員は、いつ辞められるか分からないし、責任ある仕事は任せられない、という会社もあるでしょう。

その状況に慣れてしまって居心地が良くなってしまう派遣社員も多いです。

派遣社員は仕事のキモとなる部分や、会社の経営を左右するような判断・決定に携わることは、まずないでしょう。

だからといって、企業内で働く(会社に雇われる身)という面では、正社員も派遣も一緒です。

自分の業務についてはきちんと責任を持つ、という部分も同じです。

そういう意味では、やっぱり派遣社員で働いていたって、職業人としての「成長」がないというのは、あまりよろしくないことです。

なんとなく契約更新ということはしないようにしましょう。

契約更新ごとに派遣社員として成長していることを確認することが、だらだらとなんとなくその仕事を続ないためには大切です。

私がおすすめしたいのは契約更新時に限らず定期的に、派遣元の担当者に少し時間を取ってもらい、話をすることです。

そして、自分の現在のスキルアップの状況を話したり、それとなく自分の評価を聞いてみたりするのです。

意外な面を褒められたりするかもしれません。

これは以前から申し上げています、ヒューマンスキルということでも重要です。

当然時給アップの交渉のための信頼関係作りという面でも大切です。

そしてもし派遣先の会社が気に入って、できれば同じところでずっと仕事をしていきたいと思っている派遣社員の方は、上司に自分の評価をさりげなく聞いてみるのもよいでしょう。

そうすると、派遣社員のあなたに求めていることや、派遣社員としてどの辺に価値を置いているのか、見えてくると思います。

そうして知ることができた部分をもっと伸ばしていくことで、確実に時給アップに繋げていくことができるはずです。

ヒューマンスキルというのはこんなにも重要なものなのですよ。

契約更新時に時給アップを交渉するためにも、こういったことを心がけてください。
| 契約更新は派遣社員の節目 | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の時給って?

派遣社員の時給アップの交渉は派遣元の担当者と派遣先とが行ないます。

派遣社員時給アップしてくれと派遣元に頼むことになります。

派遣社員派遣元の担当者はもとより、派遣会社との信頼関係を作っておかなければならないのはこのためです。

とうぜん業務をしている派遣先との信頼関係も、派遣社員は作っておかなければなりません。

では、時給アップはどのようにされていくのでしょうか?

一般的なものを見ておくことで、派遣社員の方の時給アップへのアプローチを考えることができると思います。

当然ですが、派遣社員の時給派遣元派遣先から受け取るお金というものは金額が違います。

派遣元派遣先から得た金額から派遣社員に支払う金額を差し引いた金額が利益ということになります。

正確には、そこから派遣社員の労働保険などの金額がさらに引かれたものが派遣元の利益です。

この金額は派遣会社によってまちまちです。

派遣社員に払われるのは、一般的に派遣先から支払われた金額の三分の二程度といわれています。

その三分の一から保険などがひかれますので、派遣元の利益は三分の一以下です。

これも派遣会社によって違うのですが。

では、派遣社員が時給をアップするにはどのようにすればよいのでしょうか?

派遣元派遣先からの支払いが同額では、利益が少なくなってしまいます。

したがって、派遣先に支払われる金額を多くしてくださいと交渉することになります。

このとき、派遣社員のスキルがまったく変わっていなくて、しかも派遣先との信頼関係もないときには、時給アップは絶望的ですね。

時給を上げてもよいと派遣先に思わせるように派遣社員の方はしなければならないのです。

スキルアップもこのために行なうもの。

となれば、どのようにスキルアップをしていけばよいかはすぐにわかると思います。

ヒューマンスキルの重要性もわかっていただけると思います。

時給を上げる側も、要求する側も気持ちよく権利を主張したいものですね。
| 派遣社員の時給って? | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員は姿勢を正しましょう

派遣社員の方で一般事務をされている人は特に姿勢が猫背になっている人が大勢います。

この姿勢、スキルアップや時給アップにあまり関係ないと思っている方がほとんどですが、そうともいえません。

この姿勢は派遣社員として、また正社員としてステップアップしていくためにはとても大切な要素です。

日頃からお客様と会うことが多い秘書さんですとか受付担当の方、いわゆる接客に携わっている方というのは、他人からの目を少なからず感じていらっしゃる方が多いのです。

オフィスでPCの前でお仕事する事が多い派遣社員の方は、あまり人目を気にせず業務に集中されています。

そうすると、気がつくと背筋が曲がってしまっています。

なぜ猫背が良くないのでしょうか?

当然健康の面では猫背が良いはずがありません。

派遣社員の方で猫背の方は、自分自身が見られているという自覚がないために、どこかに油断ができているのです。

スキルアップをしようとしている派遣社員であれば、まずは自分の姿勢をしっかりと確認するという習慣をつけてください。

業務のなかでプレゼンテーションなどを思い浮かべてみてください。

猫背でプレゼンテーションしている人が、いくら内容が素晴らしいプレゼンをしたところで、そのプレゼンが採用されることは難しいでしょう。

自信がなさそうに感じて、本当に任せて大丈夫かという心配が先に出てきてしまうからです。

派遣社員、特に時給アップを目指す派遣社員の方は、このプレゼンを日常の業務でも行なっているという意識でいることが大切です。

派遣先に信頼されることが時給アップの大切な要素です。

派遣先にいる派遣社員が猫背で業務をしていると、どうしても暗い印象を与え、時給アップの交渉にも悪い影響を与えてしまいかねません。

逆に、しっかりとした姿勢をしていて、笑顔でいる派遣社員は、なにもしなくでも好印象を与えることがあります。

猫背で笑顔ははっきり言って少し気持ちが悪いです。

まず大切なのは姿勢です。

基本は笑顔とよく言われますが、その前に姿勢があることを忘れてはいけません。

姿勢を正して、できる派遣社員を今日から演出してください。
| 派遣社員は姿勢を正しましょう | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員として意見を堂々と言うこと

派遣社員の方の中には、業務に意見があるのに、意見ができないという人が多いです。

派遣社員という立場が弱いという感覚からかもしれません。

また、派遣社員の言うべきことではなく正社員の仕事だろうと考える人もいるでしょう。

しかしながら現状の仕事において意見があるときは、なるべくその意思は伝えるようにしたほうがいいと思います。

派遣社員のクセにというような展開には余程のことがないかぎりならないものです。

逆にあの派遣社員は自分の言うべきところはしっかり言える、できる派遣社員だというイメージになることもあります。

ただなんでも言えばよいということではありません。

業務の不平不満のみを言い連ねることは、絶対に良い印象は残りません。

派遣社員として意見をするときには、今の状態を簡潔に述べます。

どの辺がやりづらいと感じているのか、不満に思っているのか。

そして、それに対する解決策を必ず準備することです。

派遣社員の方で、意見だけを述べて解決策をまったく言わない人がいます。

それは業務への不平不満でしかないようにとられます。

あの派遣社員は口だけだということになりかねません。

解決策がないのであれば、考えがまとまるまで待ちましょう。

そして話していく中で、派遣社員としての自分にも問題があることに気づく場合もあるでしょう。

そんな時はもちろん、自分を見つめなおす必要があります。

でも、企業側に何か問題があり、だからといってすぐに現状を変えることができないケースもあります。

そんなとき、お互いの妥協点を見つける中で、もしかしたら時給に反映してもらえることもあります。

まぁ、我慢料ということになるんでしょう。

意見したいことを長いこと溜め込んで、最後にドカンと落とされ、時すでに遅し修復不可能、という状態は、関係者みんなが不幸です。

だったら、こまめに吐き出して、その都度改善できるところはお互い改善していくほうがいいと思います。

意思決定や自分の考えを他人に伝える能力というのは、日本人は欧米人に比べて非常に低いと言われています。

でも、派遣社員として働くと決めたら、この辺も少し強くなれたほうがいいのではないでしょうか?
| 派遣社員として意見を堂々と言うこと | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員の契約期間は短いほうが良い?

派遣社員の時給を上げるためにはスキルを磨くことが大切なのは、皆さん分かっていると思います。

それは派遣社員の前提として、さらに時給を上げるための方法を考えてみたいと思います。

派遣社員の中では「長期のお仕事」をいただく場合があると思います。

しかしながら「最低1年は働いてもらいたい」などという条件つきの仕事を受ける場合でも、必ずしも契約期間を1年にしなければいけない決まりはありません。

仕事内容や職場の雰囲気など、映え権社員として実際に勤務を開始してみないと分からないようなことはたくさんあります。

なのに、いきなり最初から1年などという長い契約を派遣社員として結んでしまうのは、不安があります。

派遣社員としての契約は、1年以上働いてほしいという場合でも3ヶ月にするのがよいのではないかと思います。

3ヶ月ぐらいの短い派遣契約にすることには、メリットとデメリットがあります。

まずメリットです。

もし実際に派遣社員としてはじめてみた仕事が、契約時の条件と少し異なっているような場合、3ヶ月経った契約更新の際に、条件の再調整や、場合によっては時給アップの交渉がしやすいことです。

もちろん1年契約をしてしまった場合でも、条件に相違があれば相談することは可能です。

しかし契約更新のタイミングというのは、双方にとって条件や職場環境などを確認しあう絶好のチャンスとなるのです。

つぎにデメリットです。

短い派遣契約にした場合、派遣契約更新を機に切られる恐れもあるということです。

企業側は、派遣社員の勤務状況がよくなければ、「契約期間満了」という理由で、あっさり派遣社員の入れ替えができるのです。

さらに会社の業績の悪化など、派遣社員側の責任がない場合で終わりになることもあります。

企業にとっては「いつでも切れる」というのが派遣社員を雇うメリットの1つでもあるわけですから、こればかりは仕方ありませんね。

ただこれは、1年などの長期契約を結んだ場合にも起こりうることなので、1年契約の派遣社員だからといって安心できるということではありません。

時給をアップさせてきた派遣社員の多くは、契約更新のタイミングを生かして交渉をすることで時給アップをすることが多いです。

なので、派遣社員の契約期間は短いほうをオススメします。

もし、派遣元の担当者に1年契約で・・・と言われた場合も、「いきなり1年は不安なので、もう少し短くしてもらえませんか?」と頼んでみましょう。

企業側によほど特別の理由がない限り、聞き入れてもらえるのではないでしょうか?
| 派遣社員の契約期間は短いほうが良い? | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員は時給アップのために複数派遣会社の登録を

派遣社員の時給アップは派遣元が派遣先と交渉をするものです。

したがって、派遣社員は派遣元の担当者だけでなく派遣元の他の人とも親しくなっておくことが理想です。

派遣社員の方は時間があるときには派遣会社に行って近況を報告するなどの方法をとることも良いことです。

そして、派遣会社が派遣社員の時給アップに前向きな会社かそうでないかということも大切なことです。

派遣社員の方がスキルアップをしっかりとしていっても、派遣会社が時給アップに前向きでなければなかなか難しいことです。

派遣社員の相談にしっかりと乗ってもらえる担当者がいること、その相談によって派遣会社が時給アップに前向きであることが望ましいです。

派遣先から派遣元におたくの派遣社員はよくやってくれているから時給を上げてやってくれということも皆無ではありません。

しかしそれを望むことはなかなか難しいです。

したがって、派遣社員の方はインターネットなどで派遣会社を調べて、複数登録することが大切になります。

そしてスキルアップしたことは必ず派遣会社に報告することです。

登録しているすべての派遣会社に報告します。

派遣社員への仕事の紹介のときには、そのスキルが武器になることが多いのです。

しかし知らせることがなければ派遣会社はそれを知ることができません。

そのスキルがあることで、派遣会社はさらにワンランク上の時給の派遣を紹介してくれることも多いのです。

派遣社員はスキルアップを継続的に行うこと。

そしてそれを派遣会社に報告すること。

派遣会社は複数登録して、派遣会社について比較検討しておくこと。

これらが時給アップには大切になります。

もちろん派遣先との信頼をしっかりと築くことも大切です。

しかし派遣会社が時給を上げる気がないのであれば、いきなりもっと高い時給を提示する派遣会社に変わることも考えることが大切です。

| 派遣社員は時給アップのために複数派遣会社の登録を | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員と契約社員の比較

派遣社員と契約社員の違いは、いろいろあります。

給料ひとつとってみても、派遣社員は時給で払われますし、契約社員は月給で払われます。

また、派遣社員は派遣会社と雇用契約を結ぶのに対し、契約社員は勤め先の企業と雇用契約を結ぶことになります。

派遣社員と契約社員の二つの雇用形態のメリット、デメリットはそれぞれ違いますので、「どちらのほうがよい」ということはありません。

どちらを選ぶか迷っている場合には、「どのような働き方をしたいのか」という観点から考えてみてはいかがでしょうか?

派遣社員であるから契約社員よりも給料が安いということは、絶対的なものではありません。

時給アップということだけで契約社員を選択するということはやめたほうがよいでしょう。

他にもさまざまな要因があると思いますので、それぞれの条件を複合的に考えながら、派遣社員、契約社員を選ぶことがよいでしょう。

例えば、短期での勤務が希望だったり、専門性高く一つの業務のみを行いたいと考えるならば、「派遣社員」のほうが向いているでしょう。

逆に比較的長期に安定して働きたいと考えれば、「契約社員」のほうが向いていると思います。

現在のライフスタイル、もしくは、理想のライフスタイルを考え、それにあった方を選択するのが良いと思います。

以下に、派遣社員、契約社員の特徴を簡単にまとめてみました。ぜひ仕事を選ぶときの参考にしてください。

派遣社員

 [メリット]

  ・勤務時間や仕事内容が明確に決まっている
  ・多くの職場を経験できる
  ・派遣先とトラブルがあっても、派遣会社のコーディネーターが間に入ってフォローしてくれる

 [デメリット]
  
・ 法律により、同じ会社で働くことができるのは3年が限度
   (※事務用機器操作、通訳、翻訳、秘書等の特別な職種を除く)
  ・ 社内の人間というよりも、社外の人間と見られがち。
  ・ 交通費の支給は基本的にない

○契約社員

 [メリット]

  ・ 専門性や能力が高ければ、正社員登用や重要な仕事を任されるチャンスが多い
  ・ 派遣社員と比較して長期的に働くことができる
  ・ 正社員同様、勤務先会社の厚生年金や健康保険に加入できる
   (※派遣社員は、派遣会社の厚生年金、保険に加入できます)
 
 [デメリット]

  ・ 給与面では、派遣社員よりも低くなるケースがある。
  ・ 勤務時間等、派遣社員と比較し、融通がきかない場合が多い。
  ・ 様々な業務を担当するので、専門性が身につかない場合がある。
| 派遣社員と契約社員の比較 | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員 「SOHO」の意味は?

派遣社員は派遣先や派遣元と信頼関係を築くことが大切です。

時給アップの交渉や、待遇改善など派遣社員の悩みにも信頼関係は重要です。

そのためには、派遣社員の方は、経済や社会の話題にも積極的に会話できるようにならなければなりません。

そのために必要な用語などの知識を磨くこともスキルアップとして取り組んでください。

今日はSOHOについてです。

SOHOという言葉はよく聞くが、一体どんな意味なのか、という派遣社員の方は多いのではないでしょうか?

SOHO(スモール・オフィス・ホーム・オフィス)とは、社員数人の小規模事務所や自宅がオフィスの在宅勤務者などを指します。

ITの進展で注目されている就業形態です。

SOHOは、米国で大企業のリエンジニアリング(事業の再構築)の一環として誕生したのを契機に、起業家など様々なタイプが登場しました。

インターネットなどで時間と場所の制約を超えた事業が展開できるため「テレワーク」などとも呼ばれます。

日本でも起業家のほか、ソフト開発や顧客管理などネットワーク型の産業で同様の形式の事業所が増えています。

SOHOの中核を形成しているのは、

既存の企業に就職しない高学歴の女性

既存の企業を退職した中・高年の男性

在宅の主婦ワーカー

派遣社員やフリーター

土・日曜といった休日を活用して副業を営むサラリーマン

などです。

この構成は、不景気や企業のリストラによる要因もありますが、もっとポジティブに見れば自らの責任において自己実現を図りたい人々が増加し、潮流を形成しているともいえます。

またインターネット・マーケティングではワン・トゥ・ワン・マーケティングが重視されますが、顧客との間で満足度の高い、密度の濃いビジネスが展開できるのもSOHOの強みといえます。

しかし、SOHO業務に関する課題も数多くあります。

SOHO業務を行う上で、「取引先を見つけることが困難」、「受注量が不安定」、「受注単価が安い」、「通信料が高い」等の課題をあげるものが多いです。

一方、在宅で仕事をこなすSOHOが増えるにつれ、独力で取引先を開拓しにくいSOHOの受注業務や営業活動を代行する支援ビジネスが活発になっています。

派遣社員の方も、副業としてSOHOをやっている人がいらっしゃいます。

派遣社員の時給アップのためには副業という選択肢はとても重要です。

拘束ブロードバンドの普及やPC、携帯の普及がSOHOの可能性をさらに広げています。

派遣社員の方は、SOHOの意味を知るだけではなく、積極的に活用することも知識としてもつことが重要です。
| 派遣社員 「SOHO」の意味は? | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣謝意と契約社員の違い

派遣社員を続けている方は時給アップそして給料アップを目指すために契約社員になることも考えている人がいます。

それは選択肢としては正しいといえると思います。

しかし正社員ではなく契約社員だからなりやすいだろうという考えでは、契約社員にはなれません。

契約社員と正社員には差はないとうくらいに考えておくのがよいでしょう。

では契約社員とはどのような契約の人なのでしょうか?

一般的に『専門的な業務に就き、契約期間と業務内容を限定して会社と契約する社員』のことを契約社員といいます。

契約社員と派遣社員は働き方にどのような違いがあるのでしょうか?

簡単にご説明すると、派遣社員は、派遣先企業からの業務指示に従って職務を遂行します。

一方、契約社員は直接雇用契約した企業からの業務指示のもと専門的な職務を遂行します。

派遣社員は派遣元と雇用契約を結んでいるため、派遣社員が時給アップを実際に業務をしている派遣先に要求することができません。

派遣元と相談して派遣元が交渉することになります。

対して契約社員は企業と直接雇用契約を結びます。

したがって賃金については契約社員が直接交渉できることになります。

契約社員として働くメリットは『がんばった成果が目に見える』ということです。

働く方と企業の双方が納得のいくように確認をした上で、契約を更新していくのが契約社員。

契約期間は数ヶ月〜1年単位で、働く方のお仕事状況を直接雇用契約した企業が確認・評価します。

評価内容に応じて、契約更新時に昇進や昇給のチャンスがあるので、やる気と努力が反映される働き方だといえます。

これが派遣社員との大きな違いでしょう。

派遣社員であっても契約社員よりもはるかに高給取りの人はいます。

重要なのは自分にとってどうするのが一番良いのかということになります。

派遣社員から契約社員になることがもっとも良い選択肢でありならば、その道を突き進みましょう。
| 派遣謝意と契約社員の違い | 派遣社員の時給アップのために |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
<< | 2/3PAGES | >>