派遣社員 スキルアップ | 派遣社員の時給と権利について





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

IT関係に進みたい派遣社員の方は?

派遣社員の方で、IT関係に進みたいという方も多いのではないでしょうか?

手に職をつけるという意味でも、IT関係に進むということはとても素晴らしいことです。

時給についても、SEの派遣社員の方は、高い時給をもらっていることがほとんどです。

時給アップという観点からも、IT関係にすすむことを積極的に考えるのがよいでしょう。

しかし、未経験のIT関係に進むという派遣社員の方の場合、資格もスキルも何もない状態では難しいです。

派遣社員の方で、IT関係に進みたいという場合は、派遣社員として働いている間に、スキルアップをしっかりと行う必要があります。

しかも、ITのスキルというものは、日進月歩でその進化のスピードはものすごく速いです。

派遣社員として、IT関係で働くという人は、しっかりとそのことを自覚する必要があります。

派遣社員のSEの方の中には、正社員よりもはるかに高い年収をもらっている人は大勢います。

スキルがあれば、IT関係はとても有利な場所ですね。

スキルアップということでいえば、初級シスアドなどは、もっていて当然と考えるべきでしょう。

そのほかにも、IT関連の資格は取れるものはすべてとるというぐらいの気持ちが必要です。

派遣社員であるということは、IT関係の仕事では何の意味もありません。

そして、無料のセミナーなどがあれば、積極的に参加するようにしてください。

IT関係のセミナーというものは、派遣会社にもある場合があります。

派遣元の担当者などに確認してみるのもよいでしょう。

ITの進化は先ほども述べたとおり、ものすごいスピードです。

ITの仕事についた後も、そのスピードについて行く必要があります。

派遣社員としてのやりがいというものはありますが、それなりに厳しい世界であることは確かです。

ITに進みたい派遣社員の方は、それを心にしっかりと抱くことが大切です。
| IT関係に進みたい派遣社員の方は? | 派遣社員 スキルアップ |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員として証券会社のコールセンターで働く

派遣社員の仕事でコールセンターの仕事をする人は多いと思います。

そしてコールセンターの中で、時給が高いのが証券会社や保険会社のコールセンターの業務でしょう。

こういった業種はコールセンターの業務を経験することが、自分自身の勉強になります。

将来は証券会社で働きたい人や、金融関係につきたいという人はこういったところの派遣社員として派遣されると、スキルアップにつながります。

証券会社のコールセンターなどは、未経験の人も募集していることがありますので、派遣社員の方は探してみるのもよいでしょう。

ただし、証券や保険などは何度も研修があったり、試験があったりと大変なことは認識しておく必要はあります。

その分派遣社員としての時給が高いというのもあるのです。

ところで派遣社員のスキルアップとして、最近人気があるのが、証券外務員二種の試験です。

証券会社のコールセンターでこの証券外務員二種の資格があれば、未経験でも可能というところが多いです。

そして、コールセンターで業務を派遣社員として行ないながら、証券外務員一種を受験することになるのが普通です。

したがって、派遣社員として証券会社のコールセンターで勤務したいときには、まず証券外務員二種の試験に合格していることが必要です。

派遣社員として証券会社のコールセンターで働きたいが、未経験で資格もなしではまず派遣先が受け入れないでしょう。

証券会社のコールセンターという目標が決まった場合は、スキルアップとして証券外務員二種の試験を受けることが大切です。

保険外務員の場合は、その保険会社に入った時点で受験資格ができますので、こちらは証券会社のコールセンターとは少し違います。

派遣社員として、ステップアップするためには、このように必要な資格というものがあります。

またコールセンターというのは電話応対が基本ですので、ビジネススキルとしての電話応対や敬語などは今の派遣社員の業務の中でしっかりと磨いておく必要があります。

派遣社員というのは即戦力です。

即戦力としての派遣社員になるように、日ごろの業務の中で、できる限りスキルを磨いておくことを常に意識してください。

派遣社員として今行なっていることは、何一つ無駄になるものはないのですから。
| 派遣社員として証券会社のコールセンターで働く | 派遣社員 スキルアップ |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員は無料セミナーなどを利用しよう

派遣社員の方で、時給アップやスキルアップを心がけている方は、日ごろしっかりと勉強などをされていると思います。

それはとても素晴らしく、また絶対に必要なことです。

そして、派遣社員の方に加えていただきたいのは、積極的にセミナーに参加することです。

これは何も高い参加費用の必要なセミナーに出るということではありません。

無料で行なわれるセミナーに参加したり、安い参加費用のセミナーに参加したりすることです。

派遣社員の方のできる範囲で参加することです。

たとえば借金をしてまでセミナーにでる必要など全くありません。

無料のセミナーでも、充分に勉強することはできます。

たとえば、日経新聞などには、株式の無料セミナーのようなものが時々紹介されます。

そういったものに派遣社員の方が参加することで、株式についての知識を深めることができます。

派遣社員の方は、日ごろの行動が決まってしまって、全く変化がない人がいます。

そういった方は、まず自分が行動するということができるようになるためにもセミナー参加は良いのではないでしょうか?

スキルアップしたいものの無料セミナーなども見つけることができるかもしれません。

セミナーの中から人間関係が生まれることもよく聞く話です。

セミナーでの名刺交換からビジネスチャンスが生まれたということもまたよく聞く話です。

よく言われる話ですが、自分の周りの人間の年収を合計して、その人数で割った数字が、自分の年収であるといわれます。

派遣社員の方で時給アップを目指している方は、ここはとても重要です。

周りの人間との関係を断ち切れということを、これは言っているのではありません。

行動範囲をさらに広げなさいということを言っているのです。

時給アップ、スキルアップを目指す派遣社員の方は、行動を広げることも大切です。
| 派遣社員は無料セミナーなどを利用しよう | 派遣社員 スキルアップ |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員が資格を取るときの注意

派遣社員のスキルアップのためには資格をとるということが、とても重要になってきます。

しかしここで勘違いされる派遣社員の方がいらっしゃいますが、片っ端から資格を取って行くのが良いと考えるのは間違いです。

資格を趣味でどんどん取って行くということは、とても素晴らしいことです。

しかし派遣社員のスキルアップという観点からは、それではあまり意味がありません。

資格に一貫性があるほうが、評価が高くなります。

目指す仕事に関連する資格をとることが、派遣社員のスキルアップには必要になります。

経理関係の仕事なら日商簿記の検定を受けることが必要です。

通訳に関する仕事ならTOEICの点数を上げたり、通訳技能検定に合格すること。

このようにめざしている仕事に合わせた資格や免許を取ることが派遣社員のスキルアップです。

そして、派遣社員がスキルアップするための資格習得について加えて重要なことがあります。

まず、段階がある資格については、より上の資格を取ることです。

簿記2級よりは、簿記1級のほうが評価されます。

TOEICが700点よりは800点の方が評価されます。

このように、スキルアップはさらに上を目指すことが大切です。

さらに資格は組み合わせることが大切です。

1つの資格よりも関連する資格を複数取ることで、評価が上がります。

TOEIC800点を通訳技能検定や英検1級、TOFELなどの資格を持っておくことがより評価の対象になるのです。

簿記だけではなく、税理士の資格を持つことで、経理関係では大きな武器になります。

派遣社員のスキルアップは広い視野で見ることが大切になります。

このスキルアップは正社員にも必要なものです。

派遣社員であるからスキルアップが必要なのではなく、自らを守る武器としてスキルアップが必要なのです。
| 派遣社員が資格を取るときの注意 | 派遣社員 スキルアップ |
| comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員は失敗を恐れずヒューマンスキルを磨くこと

時給アップを目指す派遣社員にとってヒューマンスキルというものは、以前から申し上げているとおりとても大切です。

ヒューマンスキルとはどういうものか、もう一度見ておきたいと思います。

「社会人としてのマナーや常識があり、スムーズに社内で円満な人間関係を築くことができる能力。」

このようにいえるでしょう。

したがってヒューマンスキルは、正社員、派遣社員、パート、アルバイト全てに共通して必要なことです。

最近では派遣会社や企業の人事担当者もヒューマンスキルを重視するようになってきているようです。

いくら資格や技術があっても、社会人としてのマナーや常識、職場での円滑なコミュニケーションが取れなければ良い派遣社員とは見てくれるはずがありません。

逆に派遣社員の中でヒューマンスキルが高い人は専門的な知識や技術がなくても、職場や派遣会社で重宝がられる人材になること多いです。

派遣社員はチームで業務に当たることが多いです。

そういった意味でも、派遣社員はヒューマンスキルが大切なのです。

業務を行なう上で、「なくてはならない派遣社員」になれたら強いです。

それには知識や技術以上に、ヒューマンスキルを磨くことが大切です。

ヒューマンスキルは、これで終わりということはありません。

いくつになっても磨き続けなければならないものです。

まあ、それはどんなスキルにも共通することですが。

ヒューマンスキルと言われてもイマサラ無理だよ。性格だし。

しかし、何度も申し上げたとおり、時給をアップさせるのも、ヒューマンスキルが大切なのです。

派遣社員として時給をアップするためには、派遣元の担当者と信頼関係を築くこと。

そして派遣元とも信頼関係を築くこと。

その上でスキルアップをして、時給アップを交渉していくのです。

派遣社員の方で、いきなりヒューマンスキルを完璧にしなければならないと考える人がいます。

そういった人は失敗をおそれて、結局ヒューマンスキルを磨きません。

ヒューマンスキルはいくつになっても磨かなければならないのです。

どんな人も失敗するのですから、失敗は心配する必要はありません。

派遣社員としてヒューマンスキルがないほうが恥をかいているということを自覚してください。
| 派遣社員は失敗を恐れずヒューマンスキルを磨くこと | 派遣社員 スキルアップ |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員は細切れ時間を有効活用

派遣社員でスキルアップをしたいという人はきっと暇な時間を有効に活用したいのではないでしょうか?

空いている時間でDVDを英語で見てみたり、電車の中で本を読んでみたりということに使うと思います。

スキルアップをしたい派遣社員の方は、この細切れ時間の使い方がとても大切です。

日ごろの業務に忙しい派遣社員が使えるまとまった時間はなかなかありませんね。

できる派遣社員といわれる人たちは、この細切れ時間をとても有効に使います。

しかし細切れ時間を使うときに、どうしても気が散ってしまうという派遣社員の方が多くいらっしゃいます。

集中しないで細切れ時間を使ったとしても、スキルアップにはなかなかつながらないものです。

それではできる派遣社員という人たちは、どのように細切れ時間を使っているのでしょうか?

重要なことはいかにして集中するかということです。

細切れ時間というものは周りに少し騒音があったり、人がいたりで集中することが少し困難な状況が多いとおもいます。

集中するのに必要な対策が必要になってきます。

そこでスキルアップをしたい派遣社員の方に覚えていただきたいのが、スピードと量です。

細切れ時間というのは数分から数十分ということが多いと思います。

通勤時間が2時間という方は別ですが。

この短い時間の中でできるだけ、勉強なら勉強、読書なら読書を進めていくのです。

これは自分の限界を試すぐらいでちょうどよいでしょう。

これは同時に量もこなすことができます。

ここで大切なのは、スピードを上げながら、身体はリラックスすることです。

集中力に大敵なのは緊張なのです。

このようにして、どうしても集中しなければならない状況を作り出すことが大切です。

派遣社員の方は、スキルアップをするために自分の限界に挑戦するつもりで、細切れ時間を活用してください。
| 派遣社員は細切れ時間を有効活用 | 派遣社員 スキルアップ |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員はメールへの自信が必要

派遣社員の方でメールの文章に自信のある方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

メールでは相手にわかりやすく、悪い印象を与えない文章の書き方が必要です。

正確な内容のやり取りがスピーディにできるというのは仕事のできる派遣社員からすれば当たり前のこと。

特に、最近ではメールでの仕事のやり取りが多いので、正しい挨拶、クレーム対応、などの日本語の使い方は重要です。

仕事のできる派遣社員の方はメールの出し方、返し方も効率よく、丁寧にできるように勉強をしているくらいです。

一日に何通も来るメールのやり取りに必要なフォルダ分け。

転送や、BCC,CCの使い分け、個人情報保護法。

派遣社員としてそういったメールのスキルは時給をアップさせたいのであれば絶対に必要です。

できる派遣社員はメールソフトの機能も活用し、効率よくメールでの仕事を処理します。

派遣社員の方が、メールを適切に使える場合、派遣先の社員はとても助かります。

特に営業事務や、貿易事務などでは派遣社員のこういったスキルが必須です。

派遣社員としての業務の営業事務や貿易事務は、一般事務より高時給なのは、こうした情報処理の多さや、仕事のスピードなどが求められるからです。

メールの送受信は一日100通〜500通なんて当たり前。

返事を返し終わって、ファックスを送ったり見積書を作っている合間にも、転送すべきメールや、重要マークのついたメールがバシバシやってきます。

そんなメールのやり取りの返信に、この日本語大丈夫かな?丁寧語これで大丈夫かしら?

なんて考えている時間なんてありません!!

しかしメールでの不適切な言い回し、配慮に欠ける言葉遣いで、取引先の大切な人を怒らせてしまうことは絶対にだめです。

いまや仕事には欠かせないメール。

派遣社員のあなたのメール使い方は大丈夫ですか?

不安なら、メールでの仕事にも自信をつけましょう!!
| 派遣社員はメールへの自信が必要 | 派遣社員 スキルアップ |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員は楽?

派遣は楽というのが大間違いです。

特に時給アップを目指す派遣社員の方にこの意識があると、とても時給アップは望めません。

お給料をもらってお仕事をすることは派遣社員であっても決して楽しい事ばかりではありません。

それは、時にはつらい仕事もこなさなければならず、それはどんなお仕事でも、またどんな就業形態にでも共通する事実です。

すなわち派遣社員という働き方も例外ではないということです。

1.派遣を選んだ理由

派遣社員という働き方を選らぶ際、たくさんの理由があると思います。

スキルアップのため、時間や曜日の制限があるため、ブランク明けのため時給が高い等、それぞれのライフスタイルに併せて派遣という就業形態を選択される方が増えております。

しかし「派遣の仕事は楽でオイシイ」、「派遣は責任をかぶらなくて良い」という考えを持ち、全体的に「派遣のほうが楽だから」という理由で派遣を選ぶ方も増えてきています。

2.仕事をするというのは責任を負うこと

派遣社員として担当するお仕事は、ルーチンワーク等、パターン化できる業務がほとんどです。

立場的に派遣先のコアな業務の主担当に派遣社員がなることはありません。

締め切りや納期に終われるような業務を抱える社員と比べると確かに派遣社員自身に業務上の責任が及ぶことはありません。

一見派遣社員は楽に見えるかも知れません。

しかし、どんなに単純で単調に見える仕事でも業務を担当するということはその業務の遂行に関し責任を負うということです。

自らが携わった業務に問題が発生した場合、「派遣社員だから」という言い訳は通用しません。

給料をもらってお仕事をしている以上は正社員もアルバイトも派遣社員も関係ないのです。

「社員というプレッシャーから開放されたい」という理由から派遣社員の道を選択される方も多くいると思いますが、派遣社員でも、「仕事をする」という点において、責任がついて回ることはしっかりと理解しておきましょう。

その責任をしっかりと認識して、スキルアップをしていく派遣社員の方が時給アップを手にするのです。

派遣社員といえども給料をもらっている以上、プロであることを自覚することが、時給アップには必要です。
| 派遣社員は楽? | 派遣社員 スキルアップ |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

株に興味を持つ派遣社員

派遣社員をしていることのメリットのひとつは、いろいろな会社の状況が派遣先を変えることによって見えることにあります。

取引先の売り上げ状況や、お客様への対応が適切なのか。

派遣先の会社で働く人の意識の高さや、仕事の忙しさ。

かかってくる取引先の電話などでいろいろな会社の名前を覚えられたり、業務内容を知れたりすること。

株に興味がない派遣社員の方でも、日常的に少しだけ会社という存在を違った目で見てみるといままで見えなかったものが見えてきたりすると思います。

ここの会社は上場企業なんだとか。

ここの会社は未上場だけど、株式公開したらいい値がつくかも?

ここの会社の対応とサービスとてもいいな。きっとこの会社は成長するだろう。

なんて、投資家の視点で考えてみたりできます。

お金を払ってもその会社の成長を応援したい。

と思えるような会社を注目してみたり、ヤフーファイナンスで株価をチェックしてみたりするのもよい勉強です。

まずは派遣社員の方は自分の派遣先の会社が上場していないかチェックして、株価の動きを見てみることから始めましょう。

働いている会社の内部情報をしっている派遣社員は、インサーダーになってしまうので、株は買えませんが、自社株のチェックなら、社内のイントラや会社のIR情報でも確認できます。

また、株や経済に興味を持つことによって、上司との会話に参加できたり、接待などで『なに話しているんだかわからないわ?』なんて顔をせずにすみます。

この派遣社員は経済的なことが分かると評価も上がります。

株の売買をすぐに始めることはお勧めしません。

当然ですが株にはリスクがあります。

そのリスクをコントロールできないのであれば投資はしてはいけません。

しかし投資することはなくとも会社で得られる情報に興味を持ち、勉強することによって、少しずつですが、株の動きや経済を理解できるようになります。

派遣社員としての魅力アップのためにもそういった視点で派遣社員という立場を利用し、勉強することはおすすめです。

また、今では株の売買もかなりやりやすくなっており、以前は高かった取引手数料も底値を記録しています。

証券会社が主催する無料の株式投資セミナーなどを会社帰りに利用してみては?

今では大手証券会社が主催する株式投資セミナーや女性向けの株式投資セミナーなどかなり人気です。

ゲストにベンチャー企業の有名な社長を呼んだり、お茶菓子を用意してくれたりとかなり親切なセミナーもあります。

派遣社員のメリットを生かしていろいろな会社に興味を持ってみることはスキルのアップにもつながります。

経済のことを知ることがビジネスに役に立たないわけがありませんからね。
| 株に興味を持つ派遣社員 | 派遣社員 スキルアップ |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

派遣社員のガイドブック

ところで派遣社員になって、一番初めに派遣会社から渡される分厚いガイドブック、あなたはきちんと目を通していますか?。

そこには、就業規則やその他、派遣社員に関する情報が沢山記載されています。

きっと、大多数の派遣社員がが自分の知りたい情報を目次でピックアップする「チラ」見か、斜め読みの「パラ」見なんではないでしょうか?

だけど、はっきり言って全部を把握するのは、ムリ!というより、全部読んでなんかいられないよ〜という声が聞こえてきそうですね。 

このガイドブックには、今まで「知らなかった」情報があったりして、読み返してみると案外びっくりするものです。

例えば、派遣社員となって、しばらくしてあなたは『勉強したい、スクールに通って資格を取得したい!』と思ったとします。

まず何から手をつけますか?

きっとインターネットで検索したり、友達の口コミ情報を収集したりするのではないでしょうか?

その行為はとても大切ですが、まずは、派遣社員のあなたのおうちのどこかに眠っている、派遣会社のガイドブックを開いてみてください。

そこには、派遣社員のあなたが通おうかな、と考えていたスクールの割引き特典や、入会金が全額免除されるといった、素敵でお得な情報があるのです!

また派遣会社によっては独自にOAスキルアップのための講座を無料で用意されていたり、自習室でのパソコンの利用や、ビジネスマナー、簡単な英語での電話応対のレッスンなどもあるんです。

この優待試験制度、知らなきゃ損ですよね。

このように、案外盲点だったお得な情報が、あなたのガイドブックには記載されているのです。

スクールや講座、資格取得をお考えの方、早速あなたの情報収集の一つの手段に、このガイドブック利用法を入れて参考にしてみてください。

派遣社員の時給アップにはやはりスキルアップが必要です。

履歴書の資格の欄が空欄よりは、いろんなことが書いてあるほうが有利であることは明確です。

派遣会社としても、スキルのある派遣社員を派遣したほうが利益になりますから、資格を応援するのです。

派遣会社を最大限利用して、派遣社員としてのスキルアップと時給アップをしてしまいましょう。
| 派遣社員のガイドブック | 派遣社員 スキルアップ |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
<< | 2/5PAGES | >>